スキップしてメイン コンテンツに移動

めんどくさい有酸素運動は音楽が効果絶大!ミラノ大学の研究結果より

脂肪を落としたいけど、運動するのはめんどくさい...。

運動するのがおっくうなときってありますよね。そんな時ってすぐに色々な理由をさがして後回しにしてしまうものです。

今日は運動するには疲れ過ぎてるから、モチベーションが上がらない、人によっては、運動ってつまんない、疲れる、退屈などなどって思う方もいるかもしれません。

そう、思っている方、ぜひ音楽を聴きながら、ジョギングやサイクリングをやってみるといいかもしれません。

音楽と運動の大変さとの関係性

音楽がモチベーション向上の救世主となりえそうです。

2020年にイタリアのミラノ大学で発表された研究によると、音楽が運動による不快感を取り除き、モチベーションを高める可能性があることがわかりました。

研究チームは、19人の参加者に対して、音楽がトレーニングに与える影響を調査するために、ウォーキング、ジョギング、自転車などの持久力活動と、重量挙げやレッグプレスの高強度トレーニングを、それぞれ、音楽なし、スローな音楽、速いテンポの音楽、とてもに速いテンポの音楽の4つの条件で運動してもらい、心拍数の測定し、運動をどのように感じたかを尋ねました。

その結果、テンポの速い音楽を聞いた人たちは、トレーニングを普段より楽にできたと答えたそうです。

テンポの速い音楽を聴くと運動中の大変さが和らぐという結果は、重量挙げなどの高強度の運動よりも、ウォーキングやランニングなどの持久力トレーニングを行う人で最も顕著でした。




テンポの速い音楽のオススメの紹介

基本的に皆さんのお好きな音楽を聴くのが一番いいと思います。

が、私自身のオススメを一部ご紹介しますね。

Six Teen - Don Diablo Remix
明るくて気分が上がること間違いなしです。テンポも1分間に120ビートくらいなので、先ほど紹介した実験でトレーニング中の大変さを和らげる効果があった速いテンポの曲に分類されると思います。ジャンルとしてはEDMと言われるダンスフロアでかかる電子音楽に分類されますね・

Omen - Disclosure
こちらはSam Smithがボーカルとして参加している曲です。テンポはSix teenと比べるとややゆったりですが、比較的速いビートです。少しゆったりとウォーキングする際などにオススメですよ。ジャンルとしてはHouse Musicに分類されます。


ということで、皆さん有酸素運動が少しきついなあと感じたら、気分が高鳴る音楽をきいてみると良いかもしれません。

広告

おすすめのプロテイン

タンパク質は品質が良いものを選びましょう。

当サイトのお勧めプロテインは、イギリス発の世界大手ブランドの「 マイプロテイン 」です。

お勧めしている理由は3つあります。

1つ目は、品質が良いこと。タンパク質はダイエット中の筋肉の減少を保護し、痩せやすい体づくりをしてくれます。マイプロテインは、タンパク質の含有量が多いです。例えばスーパーなどで買えるよくあるプロテインのSAVASのタンパク質含有量は71%ですが、マイプロテインは82%です。

2つ目は価格です。コスパが良いほうがいいですよね。SAVASはAmazonで1kg入りで4281円ですが、マイプロテインは 公式ストア から買えば1kg入りで1813円です。SAVASの42%ほどの値段、つまり半額以下で安く買えることになります。(2020年現在)

3つ目は味です。その種類は豊富でイチゴやチョコ、抹茶などの無難なものから、塩キャラメル味、ブルーベリーチーズケーキ味、紅茶味など、なんとその数50種類以上。とっても美味しいものから好みを選ぶちょっと変わった味まであります。あなたに合うものがきっと見つかることでしょう。

味も良くて、安くて、品質も高い。それが当サイトがお勧めしている理由です。まだ試していない方はまずは商品だけでも覗いてみてはいかがでしょうか。Amazonではなく マイプロテイン公式ストア から買うのがお勧めです。理由はほぼいつでも全商品が30%割引で買えるからです(セール時は最大で45%オフ)。マイプロテインは公式ストアで買うことでこそウマミを発揮します。

公式ストア: マイプロテインへ移動する

ちなみに、マイプロテイン公式ストア から購入し、友達紹介コード「C4HK-R2」を入力すると1000円分安く買えますのでぜひ使ってください。



自宅をジムにしましょう

有酸素運動をすると脂肪は劇的に減ります。国立健康栄養研究所の16件の研究を対象に行われたシステマティックレビューで週に3-4回の有酸素運動はお腹わまりの脂肪を大幅に減らせると結論付けています。

そうはいっても、ジムに行ったり外走るのも何かめんどくさいですよね。私も同感です。

その場合は、自宅で運動するのがお勧めですよ。

ちょっと暇ができたときに、部屋着のままで、な〜んの準備もしなくて運動できます。ジムみたいに毎月会費払う必要もありません。人と会う必要もありません。

いくつか私が実際に使っているお勧めを紹介します。

自宅でエアロバイクができます。マグネット式のため静かです。コンパクトに折り畳めてしまえるので場所を取りません。負荷を8段階で変えられるので、あなたの好みに合わせて、軽めの運動も、本格的な運動もできます。カロリー表示も出るので、例えば今日は100kcal分運動しようなんてことも可能。

Amazon 公式サイトで確認する

楽天公式サイトで確認する

筋トレをすると筋肉を維持しながら痩せることができます。つまり消費カロリーを落とさず脂肪を燃焼させられるので、ダイエットを成功へと導きます。

IROTECのダンベルは1.25kgずつ重さを付け替えできるので初心者の方であっても、何度も買いなおしたりせずに、ずっと長く使えて安心。最初は軽い重量から始めて、徐々に増やしていきましょう。

ダンベルの周りにゴムのカバーがついているので、静音性があり、床も傷つけません。品質とコスパで選ぶなら間違いありません。

最大重量の違いでいくつかセットが用意されています。最初は軽い重量でも筋力がつけばすぐに物足りなくなってしまうことでしょう。長い目で見ればちょっと重めのセットがお勧め。あなたが男性であれば40kgセット、女性であれば20kgセットがお勧めです。

Amazon 公式サイトで確認する

楽天公式サイトで確認する


更新日: 公開日:

人気の記事

ダイエット中の空腹を紛らわす飲み物と食べ物!科学に基づく10の対策

地中海式食事法とは?|健康上の利点と欠点、食べていい食品と悪い食品

全粒穀物の種類|健康に良い効果、食べ方、注意点を科学に基づき解説

パレオダイエットは本当に効果があるのか科学で徹底検証

マインドフルネス瞑想の効果と簡単なやり方を科学論文に基づき紹介

シックスパックにするには?腹筋を割るために必要な食事と運動の科学

レーズンの健康上のメリットとデメリット、食べ方

幸福度を簡単に高める科学に基づく5つの方法

脂肪を減らして筋肉を増やす正攻法|科学に基づいた戦略を紹介します

炭水化物は太るし身体に悪いは嘘!全粒穀物が身体にいい理由